当法人について

済生会について

明治44年2月、明治天皇は「恵まれない人々のために施薬救療によって、済生の道を広く展開していくように」という「済生勅語」と基金を当時の内閣総理大臣、桂太郎に下賜されました。これをもとに桂総理が会長となり 恩賜財団 済生会が創立されました。以来、全国規模で医療の推進と社会福祉事業に取り組み、戦後、公的医療機関の指定を受け、組織を社会福祉法人に改め医療に貢献してきました。その中で鴻巣病院は、済生会唯一の精神科病院として、つねに日本の精神科の最前線で精神医療に携わっています。

施設長 関紳一
職員数 402名
病床数 379床
診療科目 精神科・内科
敷地 24,433.97m2
建造規模 鉄筋コンクリート地上6階、他
延面積 19,853.98m2

(令和2年4月1日現在)